メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始
わたしたちは日々取組んでいます。

歯科衛生士の役割

○○への取り組み イメージ

 歯科衛生士の役割をひと言でいうと「虫歯や歯周病の予防処置」です。そのために患者さんへの指導、歯科診療の補助などを行います。
 歯科衛生士は、歯科医院が主な活躍の場となりますが、それ以外にも保健所、高齢者福祉施設、障害者施設などそのニーズは高く、今後「歯科衛生士の役割」は高齢化社会の到来と歯科医療の関係においてますます重要度が高まっていきます。
 そのため資格取得後は、就職はもちろん、再就職も有利な資格といわれています。例えば出産後に再び働いたり、引っ越しなどをしても、全国には多くの歯科医院や福祉施設等があるので、歯科医療の専門職として活躍することができます。


新着情報


ページの終了